琉銀カードローンの増額は2度目の来店が必要である

増額するには2度目の来店が必要

琉銀カードローンには2種類がありますが、多くの方はしあわせのカードローンを利用しているでしょう。専業主婦、アルバイト、パート、そして年金受給者の方も利用ができます。

 

琉銀カードローン

 

地域密着、しかし全国展開の琉球銀行

地方銀行カードローンといえば、申込条件に「銀行の営業区域内に住まいか勤務先があること」という条件が加えられるものです。

 

ところが琉球銀行のカードローンは地域密着型でありながら営業区域に限りません。
返済額も低いことから負担のない返済ができていることでしょう。

 

琉球銀行カードローン増額の条件
増額手続方法 電話
必要書類 300万円超は収入証明書類
審査時間 3日〜1週間ほど
在籍確認 必要
金利 5.0%〜13.5%
極度額 500万円

 

審査結果がわかるまでには3日から長ければ1週間ほどがかかります。
しかし電話での増額申し込みはあくまでも仮審査申し込みとなっており、本審査、本契約は来店の必要があります。
そのため、すでにカードローンを利用していて増額の契約でも2度は来店の必要があるということになります。

 

返済額が低いことはメリットばかりではない

琉球銀行カードローンは毎月の返済額が低いことが特徴でもあります。
増額返済はできるものの基本的な自動引き落としは少額のままです。

 

前月約定日現在残高 返済金額
10万円以下 2,000円
10万円超30万円以下 5,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 15,000円
100万円超150万円以下 20,000円
150万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 40,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円

 

実はメリットと感じていたこの少ない返済額が、大きな負担を生むきっかけになっています。
利息は利用日数分支払わなくてはなりません。
例えば30万円を借り入れたとして5,000円ずつ返済をするのと10,000円ずつ返済をするのとでは回数が倍ほど違います。
利用日数分利息を支払うこと、つまり、返済回数が倍になれば利息もそれ相応に多く支払わなくてはなりません。

 

当サイトおすすめの三井住友銀行カードローンの返済額を見てみましょう!

 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの申込はこちら

 

借入残高 返済額
1万円未満 借入残高の合計
50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 15,000円
100万円超150万円以下 20,000円
150万円超200万円以下 25,000円
200万円超250万円以下 30,000円
250万円超300万円以下 35,000円
300万円超350万円以下 40,000円
350万円超400万円以下 45,000円
400万円超450万円以下 50,000円
450万円超500万円以下 55,000円
500万円超600万円以下 60,000円
600万円超700万円以下 65,000円
700万円超800万円以下 70,000円

 

ごく一般的な銀行カードローンの返済額です。
返済の無駄を省くためにはATM利用手数料無料名だけではなく、利息を抑えるために返済額の調整もしていかなくてはなりません。

 

カードローンを増額する・他社から借入をする

カードローン増額VS他社借入徹底比較!どっちがお得だ!?