プロミスの増額は店頭窓口や自動契約機でも受付可能

プロミス増額の条件と利用方法とは?借り換えも視野に入れて考えよう

消費者金融といえばプロミス、現在間違いのない消費者金融のトップでしょう。
利用者であればわかります。
すべてのサービスの質が高く利用方法も便利です。

 

プロミス利用者が他の消費者金融を利用すれば、不便を感じるというほどレベルの高いサービスを提供しています。

 

プロミス

プロミスの申込みはコチラ

 

プロミス増額の条件
増額手続方法 会員サービス内の「限度額変更申込」・プロミスコール「0120-24-0365」・店頭窓口・自動契約機
必要書類 総量規制に基づく収入証明書類(店頭窓口・自動契約機では本人確認書類も必要)
審査時間 最短30分
在籍確認 不要
金利 4.5%〜17.8%
極度額 500万円

 

公式ホームページ上では会員サービスかプロミスコールからの増額となっていますが、実際には店頭窓口や自動契約機でも受付をしています。

 

店頭窓口と自動契約機では本人確認書類が必要になり営業時間にも限りがあるためやはり、インターネット上の会員サービスを利用すると便利になるでしょう。

 

少しの希望ならプロミスで増額

人気の高いプロミス、その理由ははじめの30日間無利息ばかりではありません。
借入や返済にも24時間利用手数料無料で対応となる振込みキャッシングやインターネット返済があります。

 

三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座を用意するだけで、それだけのサービスが受けられるようになります。

 

少しでも早く、当然手数料をかけずに返済すること。
それが無駄のない返済です。
現在、プロミスから借入をしているのであれば、新しい借入先を探すのではなく増額を検討するとよいでしょう。

 

ただし、便利なプロミスもやはり消費者金融です。
大きな金額では金利の高さが利息への負担としてのしかかります。
少しの金額だけでよい、そのための増額には有効に活用できるでしょう。

 

大きく借入を増やしたいなら銀行カードローンに借り換え

便利なプロミスですが、少額キャッシング向けであることは間違いありません。
そのため大きな金額を希望しているのであれば「融資限度額に応じて金利が下がる」銀行カードローンが安心でしょう。

 

即日融資も可能となっている三井住友銀行カードローンは、ATM利用手数料無料となっており、融資限度額に応じて決まる金利によって無駄のない借り換えができます。

 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの申込はこちら

 

カードローンを増額する・他社から借入をする

カードローン増額VS他社借入徹底比較!どっちがお得だ!?