モビットの増額には「年収があがっていること」という条件がある

増額の余地がないほどに高く設定している

目を引くCMでもおなじみのモビット、ご利用中の方はカードレスキャッシングのWEB完結か、従来どおりのカード申し込みか悩んだことと思います。

 

実際に利用をしてみてどうでしょうか?
モビットをそのまま利用したいと考えているでしょうか?

 

モビット

モビットの申込みはコチラ

 

モビット増額の条件
増額手続方法 モビットコールセンター「0120-03-5000」
必要書類 運転免許証・健康保険証等の写し、現在の収入を証明する源泉徴収票等の写し
審査時間 10秒簡易審査
在籍確認 必要
金利 3.0%〜18.0%
極度額 800万円

 

モビットの増額には決定的な違いがあります。
それは公式ホームページには記載されていませんが、モビットの増額には条件があるということです。

 

現在の融資限度額が決定した審査のときから年収があがっていること

 

実はモビットの初回融資限度額は他社と比べると高く設定されています。
モビットは初回融資限度額も限界まで設定しています。

 

簡潔にいえば「増額の余地がないほどに高く設定している」ということです。
そのため、それ以上の増額を希望するのであれば年収があがる、つまり基本的な土台が上がらなくては対応ができません。

 

モビットは本当に使いやすい?

現在利用しているモビットの使い勝手はいかがでしょうか?
カードがあればATMが利用できますが、ほとんどの借入や返済には手数料がかかります。

 

唯一利用手数料がかからないのは口座振替のみとなっていますが、その口座も対応できるのは三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行だけとなっています。

 

また振り込みキャッシングの対応はあるものの、平日9時から14時50分までが対応時間となっており、便利なはずのWEB完結(カードレスキャッシング)も「いつでも借りられる」というものではありません。

 

消費者金融に借り換えるという選択

それほど大きな増額を希望しているわけではない、そんなときには使い勝手のよい消費者金融に借り換える方法があります。

 

プロミスは借り換えにも対応しているため、増額を踏まえた希望額で審査ができます。
比べてみればやはりプロミスの便利さが際立って見えることでしょう。

 

カードローンを増額する・他社から借入をする

カードローン増額VS他社借入徹底比較!どっちがお得だ!?