カードローン増額VS他社借入徹底比較!どっちがお得だ!?

カードローン増額VS他社借入徹底比較!どっちがお得??

現在利用している融資限度額がいっぱいになってしまった。
しかし、それ以上を借りなければならない。
そんなとき、どのような対処法があるでしょうか?

 

カードローンを増額する・他社から借入をする

 

どちらがお得でしょうか?そしてどちらが適切なのでしょうか?

 

カードローンを増額するメリット・デメリット

現在利用しているカードローンで決められている融資限度額を増額して枠を増やす方法があります。

 

借りたい金額が10万円以内に抑えられる

 

カードローン増額は一度に大きな金額を行うことは難しいという欠点があります。
一般的には「10万円ずつ」となっており、その都度増額が必要になります。

 

また消費者金融での通常キャッシングでは増額をしても収入証明書類が必要となる50万円のタイミングまでは比較的難しいものではないものの、それ以上の増額は審査が厳しくなるという傾向があります。

 

一方で、借入件数を増やさないことはキャッシングの基本中の基本です。
借入先が増えた途端に返済が困難になります。
それが多重債務の入り口であり、だからこそ借入件数は1社に絞っておくことが大切です。

 

新たな借入先を作らずに増額をしてでも借入件数は1社にすること、それが多重債務を防ぐ方法です。

 

メリット 借入件数を増やさずにすむ
デメリット 大きな増額は期待できない

 

総量規制対象外でまとめて借りるメリット・デメリット

現在借入をしているカードローンではなく、総量規制対象外の銀行カードローンに借り換える方法があります。

 

大きな金額を借り入れたい

 

増額だけで大きな金額を借り入れることは難しいものです。
特に消費者金融の場合、たとえ借り換えで大きな金額の融資を受けることができたとしても、金利が高いために利息が膨大になる危険が待っています。

 

消費者金融は「短期返済少額キャッシング」を基本にしなくてはなりません。
その使い方だからこそ便利であり、大口融資向けのカードローンではありません。

 

総量規制対象外の銀行カードローンでは大きな金額の借入に向いていることが多くなっています。
ただし銀行カードローンは銀行ごとにサービスには大きな違いがあります。
大口融資向けのローンであることを確認しましょう。

 

また、銀行カードローンの大きな特徴として「大口融資なら有利な金利」になっています。
現在以上の低い金利で利息の支払いも軽減されるとなれば、増額以上の借入でも負担は軽くてすむでしょう。

 

ただし、銀行カードローンには審査の厳しさがあります。
カードローンの資金使途は事業性資金以外自由となっており、その中で借り換えやおまとめができます。
「通常のカードローンとして」利用するために大きな金額では審査が厳しいということはデメリットになるでしょう。

 

メリット 大きな金額を低金利で借り換えることができる
デメリット 銀行カードローンだからこその審査の厳しさがある

 

結論!目的によって賢い増額は違った

必要な金額が10万円以内であれば、現在のカードローンで増額を申請することを検討してみましょう!
それ以上の金額が必要ならば、現在の借入金額を含めて銀行カードローンに借り換える方法を検討しましょう!

 

ところが目的によって増額、借り換え方法が異なります。
どのような場合にどのような方法が適切になるのか、覚えておきましょう!!

 

スピード」を重視するなら

やはり増額であっても早さが必要であれば消費者金融が安心です。
銀行カードローンは即日融資が難しく、通常は2〜3営業日がかかるものです。
消費者金融では増額でも即日審査結果がわかることが一般的です。

 

プロミスがおすすめ!

消費者金融の中でも最大手であり、サービスにはもちろんのことスピードにも定評があります。

 

プロミス

プロミスの申込みはコチラ

利息」を重視するなら

利息の低い借り換えを検討しているのであれば、金利に注目しなくてはなりません。
ただし、融資限度額に応じて銀行カードローンの金利は変わるために、希望する借入金額に対する金利で比較するとよいでしょう。

 

三井住友銀行カードローンがおすすめ!

少額では消費者金融と変わらない金利ながら、100万円以上の大口融資で金利が大きく下がります。

 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの申込はこちら

月々の返済額圧縮」を重視するなら

利息を抑えることで返済額を変えることなく元金充当額を増やすことができます。
また、返済額を減らしたいのであればやはり利息を抑えることで現状と同じ元金充当額でも返済額を抑えることもできます。

 

そのため、月々の返済額を変えたいのであれば金利を考える必要があります。

 

三井住友銀行カードローンがおすすめ!

大口融資で金利が大きく下がり、返済額の負担を軽減できるだけではなくATM利用手数料も無料になるため無駄がありません。

 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの申込はこちら

カードローン増額VS他社借入徹底比較!どっちがお得だ!?記事一覧

消費者金融といえばプロミス、現在間違いのない消費者金融のトップでしょう。利用者であればわかります。すべてのサービスの質が高く利用方法も便利です。プロミス利用者が他の消費者金融を利用すれば、不便を感じるというほどレベルの高いサービスを提供しています。プロミスの申込みはコチラプロミス増額の条件増額手続方法会員サービス内の「限度額変更申込」・プロミスコール「0120-24-0365」・店頭窓口・自動契約...

銀行系消費者金融の中でも、昔から高い人気を保っているのはアコムです。現在アコムを利用中であれば、新たな借入先を探すのではなくアコムで増額するという方法もあります。アコムの申込みはコチラアコム増額の条件増額手続方法アコム総合カードローンデスク「0120-629-215」・店頭窓口必要書類総量規制に基づく収入証明書類(店頭窓口では本人確認書類も必要)審査時間最短30分在籍確認不要金利4.7%〜18.0...

目を引くCMでもおなじみのモビット、ご利用中の方はカードレスキャッシングのWEB完結か、従来どおりのカード申し込みか悩んだことと思います。実際に利用をしてみてどうでしょうか?モビットをそのまま利用したいと考えているでしょうか?モビットの申込みはコチラモビット増額の条件増額手続方法モビットコールセンター「0120-03-5000」必要書類運転免許証・健康保険証等の写し、現在の収入を証明する源泉徴収票...

利用者を考えたサービスが豊富、それがアイフルです。便利だった大手消費者金融が安心で便利に変わりました。これまでは大手消費者金融として後一歩といわれていましたが、今では堂々とその名乗りを挙げています。アイフルの申込みはコチラアイフル増額の条件増額手続方法会員専用「0570-000-417」・アイフル会員サービス必要書類総量規制に基づく収入証明書類審査時間最短30分在籍確認不要金利4.5%〜18.0%...

無利息キャッシングを扱うカードローンが増えている中で、一風変わった無利息キャッシングがあるのはノーローンです。新生銀行グループであり同じ新生銀行カードローンのレイクでも他とは違った、180日間無利息を用意するなど力を入れています。ノーローンでは1週間の無利息を何度でも利用ができます。条件付となっており初回の借入と全額返済した翌月以降の借入に適用です。ノーローンノーローン増額の条件増額手続方法問い合...

大手消費者金融とまではいかずとも、全国展開をしている消費者金融の中にフクホーがあります。消費者金融を利用する方はやはり大手を選ぶことが多いものです。CMで流れている安心もあるでしょう。しかし、日本にはまだまだ中小消費者金融も多く、中でもフクホーは創業45年の老舗です。フクホーフクホー増額の条件増額手続方法問い合わせ「0570-666-294」必要書類総量規制に基づく収入証明書類審査時間3〜4日在籍...

三井住友銀行、ご存じない方はいないのではないでしょうか。メガバンクのひとつとして日本最大手銀行となっています。全国展開されているカードローンは使い勝手もよく低金利、その人気は不動のものとなりました。三井住友銀行カードローン増額の条件増額手続方法カードローンプラザ「0120-923-923」・三井住友銀行ローン契約機必要書類300万円を超える場合は収入証明書類審査時間最短30分在籍確認必要金利4.0...

三菱東京UFJ銀行は、三井住友銀行、みずほ銀行と並ぶメガバンクです。即日融資も可能となっており、消費者金融に近い銀行カードローンというイメージがあるでしょう。三菱東京UFJ銀行カードローンの申込みはコチラ三菱東京UFJ銀行カードローン増額の条件増額手続方法第二リテールアカウント支店「0120-76-5919」必要書類本人確認書類審査時間2〜3日在籍確認不要金利4.6%〜14.6%極度額500万円三...

りそな銀行には2種類のカードローンがあります。プレミアムカードローンとクイックカードローン、多くの方が利用しているのは限度額100万円までのクイックカードローンではないでしょうか?りそな銀行クイックカードローンりそな銀行クイックカードローン限度額が低い、そして金利も低い。ちょっとしたキャッシングにはとても心強い味方です。パートアルバイトの方も利用ができる低金利の銀行カードローンとして人気があります...

みずほ銀行といえばメガバンクとして知られています。申し込みから融資までには時間がかかるものの、そのための大手という安心があるでしょう。みずほ銀行カードローン増額の条件増額手続方法インターネット・電話・みずほ銀行アプリ・郵送・みずほ銀行窓口必要書類不要(郵送・窓口の場合は本人確認書類)審査時間2〜3営業日在籍確認必要金利4.0%〜14.0%極度額最高1,000万円みずほ銀行カードローンでも増額はでき...

人気が出てきた銀行の一つにオリックス銀行があります。CMも印象的ですが、インターネット専業銀行であるということは知られていないかもしれません。オリックス銀行はインターネット専業銀行です。そのため実店舗を持たず、専用ATMもありません。オリックス銀行カードローン増額の条件増額手続方法×必要書類×審査時間×在籍確認×金利3.0%〜17.8%極度額最高800万円実はオリックス銀行カードローンでは「増額の...

イオンといえばショッピングモールが思い浮かびます。安心できるイオンブランド、そこにあるカードローンもまた安心ができると主婦層を中心に注目を集めています。イオン銀行カードローンの申込みはコチライオン銀行カードローン増額の条件増額手続方法イオン銀行店舗・郵送・WEB必要書類300万円超は収入証明書類審査時間最短即日在籍確認必要になる場合もある金利3.8%〜13.8%極度額800万円審査が最短即日とはな...

消費者金融がよいのか、それとも銀行カードローンがよいのか。その選択肢に迷った方は多いでしょう。新生銀行カードローンのレイクは、元消費者金融であり、現在は銀行カードローンです。どちらのメリットも持っているキャッシングとして人気があります。新生銀行カードローン レイク新生銀行カードローンレイク増額の条件増額手続方法レイク問い合わせ「0120-09-09-24」必要書類100万円超は収入証明書類審査時間...

じぶん銀行、若い世代に人気の銀行です。auと三菱東京UFJ銀行が共同出資して作られたインターネット専業銀行です。パソコン、携帯電話、スマートフォンやタブレットから利用ができます。じぶん銀行カードローンじぶん銀行カードローン増額の条件増額手続方法電話「契約者専用のフリーコール」必要書類収入証明書類が必要になることもある審査時間最短即日在籍確認必要になる場合もある金利2.4%〜17.5%極度額800万...

インターネット専業銀行の中で老舗となるのがジャパンネット銀行です。当初からの利用者も多く、そのままカードローンを利用している方もまた多いことでしょう。ジャパンネット銀行カードローンジャパンネット銀行カードローン増額の条件増額手続方法ログイン画面から必要書類収入証明書類審査時間2〜3営業日在籍確認必要になる場合もある金利2.5%〜18.0%極度額1,000万円ジャパンネット銀行ネットキャッシングでは...

セゾンカードで知名度の高いクレディセゾングループのセゾンファンデックス、VIPローンカードがあります。一般コースとプレミアムコースがありますが、プレミアムコースは税込み年収500万円以上の方という条件があるため、多くの方は一般コースを利用していることでしょう。セゾンVIPローンカードセゾンVIPローンカード増額の条件増額手続方法電話・ネット会員サービス必要書類収入証明書類が必要になることもある審査...

コンビニにも設置されているセブン銀行を身近に感じてカードローンを利用している方は多いでしょう。やはり利用をするのであれば知名度と安心が備わっていることが必要です。セブン銀行カードローンセブン銀行カードローン増額の条件増額手続方法ダイレクトバンキングサービス必要書類不要審査時間最短即日在籍確認必要になる場合もある金利15.0%極度額50万円そもそもセブン銀行カードローンの融資限度額は50万円と低く設...

ソニー銀行のサービスサイトとしてMONEYKitがあります。金利に魅力を感じた方も多いでしょう。返済額に魅力を感じた方も多いでしょう。比較的利用しやすい銀行カードローンになっています。ソニー銀行カードローンソニー銀行カードローン増額の条件増額手続方法サービスサイト必要書類300万円超は収入証明書類審査時間数日程度在籍確認必要になる場合もある金利2.5%〜13.8%極度額800万円会員サービスサイト...

金利に魅力を感じる、横浜銀行カードローンを利用している方はそれが申し込みの決め手になったかもしれません。下限の金利が適用されることはそうそうあることではないでしょう。一般的な銀行カードローン金利だった、と感じているのではないでしょうか。横浜銀行カードローン横浜カードローン増額の条件増額手続方法フリーダイヤル「0120458014」必要書類収入証明書類が必要になることもある審査時間3営業日以上在籍確...

琉銀カードローンには2種類がありますが、多くの方はしあわせのカードローンを利用しているでしょう。専業主婦、アルバイト、パート、そして年金受給者の方も利用ができます。琉銀カードローン地域密着、しかし全国展開の琉球銀行地方銀行カードローンといえば、申込条件に「銀行の営業区域内に住まいか勤務先があること」という条件が加えられるものです。ところが琉球銀行のカードローンは地域密着型でありながら営業区域に限り...