総量規制対象の年収は税込か税抜きの手取りか?

年収は「支払い金額」である

総量規制で決められている「年収の3分の1まで」という貸金業者からの借り入れ上限。
これは、税金が差し引かれた後の手取りでしょうか?
それとも、税込み年収でしょうか?

 

こちらは国税庁が発行している源泉徴収票です。
結論から言うと、総量規制でいう年収は「支払い金額」に記載されている金額を指しています。

 

給与所得の源泉徴収票

 

支払金額=年収

支払い金額に記載されているのは、「1月1日から12月31日までに支払われた給与、賞与の額面合計額」です。所得税がかからない通勤手当などは差し引かれており、この金額が年収になります。

 

つまり、所得税など税金が差しひかれていない「税引前収入」が年収になります。
総量規制では「年収の3分の1」となっているため、源泉徴収票の支払い金額を確認しましょう!

 

源泉徴収票はいつもらえる?

その年最後の給与額が確定した後に源泉徴収票は発行されています。年の途中でその年の源泉徴収票をもらうことはできません。年末調整で年間の給料、ボーナス額を合算しています。そのため、年収確定の書類となるため年間収入が確定しなければ作成することもできない書類です。

もし源泉徴収票をなくしてしまったら?

労働基準法では給与関係書類は最低3年間は保管しなければならないと定められています。源泉徴収票を紛失してしまったとしても、職場で再発行ができます。