プロミスは総量規制対象外?

プロミスは総量規制対象外?

大手消費者金融の中でも最大手といえるのがプロミスでしょう。
続々と新しいサービスを提供しており、いつでも「使えるプロミス」として人気があります。

 

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスはSMFGグループです。
つまり、三井住友フィナンシャルグループ。
三井住友銀行も同じグループに属しています。

 

しかしプロミスはやはり消費者金融であり、「総量規制の対象」になります。

 

公式ホームページでも、総量規制により借入総額が年収の3分の1までに制限されることが明記されています。

 

お借入総額が年収の3分の1までに制限されます

 

プロミス

プロミスの申込みはコチラ

 

ただし、総量規制の例外ローンもある

プロミスにある「貸金業法に基づく おまとめローン」は総量規制の例外です。

 

プロミスのおまとめローンとは

  1. 改正貸金業法施行規則第10条の23第1項 第1号の2(段階的な返済のための借換え)に基づくもの
  2. 融資額は申込時の借換え対象となるローン残高(元本)の範囲内
  3. 返済のみで追加の借入れ不可

 

年収の3分の1までという制限がなく、それ以上の借入も可能となっているのが貸金業法に基づくおまとめローンです。
ただし、平成22年6月17日以前に消費者金融との契約があった場合にはそこに「利息制限法を上回る金利が適用されていた可能性」があります。
過払いとなった利息は元金に充当もしくは返還されることもあるため先に確認を行いましょう!

 

おまとめローンの使い方

他社からの借入金額をプロミスにまとめる、それがおまとめローンです。
いくつかの条件があり、その一つに「貸金業者からの借入が対象」があります。

 

そのため、消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠は対象となるものの、銀行カードローンからの借入はまとめることができません。

 

また、事前に「適用金利」と「返済額」を知ることはできません。
ここには貸金業法に基づくことが関係しています。

 

 

プロミスに直接確認済み
現在の借入先の「平均金利」と「平均返済額」よりも低く設定することが貸金業法によって決められているため、審査で他社の借入状況を確認する前には「適用金利」と「返済額」を決めることができません。


 

プロミス

プロミスの申込みはコチラ