クレジットカードのキャッシングは総量規制対象外?

クレジットカードのキャッシングは総量規制対象外?

近年改正された貸金業法で導入された総量規制により、キャッシングをする際に年収の3分の1までしか借りることができなくなってしまいました。

 

でもこのキャッシング、消費者金融などでお金を借りる場合だけなのでしょうか?

 

例えば、クレジットカードにもキャッシング枠がありますよね?
このキャッシング枠についてはどうなのでしょうか?

 

総量規制の対象となるのは貸金業者の個人向け貸付けについてです。貸金業者というのは、消費者金融だけでなく、信販会社やクレジットカード会社なども含まれています。
そのため、クレジットカードのキャッシング枠についても総量規制の対象となりますから、年収の3分の1を超える借り入れがある場合には新たな借り入れができません。

 

しかし、クレジットカードにはもともとの機能であるショッピング機能がありますよね。
商品購入の際のクレジットカードの使用についてはどうなのでしょうか?

 

こちらもお金を直接借りているわけではありませんが、商品の支払いに使っているわけですから総量規制の対象になるのでは…と考えてしまいそうですが、意外にもこちらは総量規制対象外です。

 

貸金業者なのになぜ対象外になるのか?

同じ一枚のクレジットカードなのに「なぜ総量規制の対象と対象外になるのか?」というと、クレジットカードで現金を借りるという場合にはキャッシングとなりますから、クレジットカード会社は「貸金業者」として貸金業法に基づいて金銭の貸付けを行います。

 

そのためこのキャッシング取引の場合には貸金業法が適用されます。

 

一方のクレジットカードで商品やサービスを購入するショッピングの場合はというと、ショッピング取引に付いては「貸金業法」は適用されず、さらにリボ払い・分割払い・ボーナス払いには別途「割賦販売法」という法律が適用されます。

 

同じ一枚のクレジットカードのサービスでも、使い方によって適用される法律すら違ってくるのです。

 

改正割賦販売法の成立

実はあまり知られていませんが、ショッピング枠についても、総量規制のように過剰な与信契約を結ぶ信販会社を規制すべき、という声が上がり改正割賦販売法が成立しました。

 

支払い能力に応じたカード利用の制限・年収に応じた適正な利用限度額の設定をしようというもので、はじめは利用者に対し収入証明書や預貯金額、クレジットの支払い状況や借り入れの申告などを求めようとしたのです。

 

しかし、マスコミや市民からの反対により収入証明書の提出は自己申告となったのです。
細かく決まっているところもありますが、事実上そう影響が無い程度の改正だと思っていいでしょう。

 

このようなことから、総量規制で年収の3分の1を超える場合であってもクレジットカードでショッピング利用をすることは可能となっています。
買い物先で「総量規制いっぱいまで使っているからこのカードは使えません」などと言われたりしたら恥ずかしいですしね。

 

ただし、クレジットカードの利用も、いずれ返済するときがくるわけですから、使い過ぎには注意しましょう!