総量規制ギリギリまで借りていても審査通る?

総量規制ギリギリまで借りていても審査通る?

総量規制対象外のカードローンとして人気が高い銀行カードローンですが、審査もいくらか柔軟なところがでてきたとはいえ、消費者金融と比べますとやはり審査は厳しい傾向には違いありませんよね。

 

「年収の3分の1をこえる借り入れなら銀行カードローン!」など銀行カードローンではいかにもかんたんに総量規制の範囲を超える借り入れができるような書かれ方をしています。

 

もし消費者金融などで総量規制ギリギリまで借りてしまっている状況だとしても、銀行カードローンで普通に借りることができるのでしょうか?
それとも審査は通りにくくなるのでしょうか?

 

どのくらいの融資枠がもらえるのか?

実際、銀行カードローンではどのくらいの融資枠がもらえるのでしょうか。

 

銀行カードローンの口コミをみてみますと、年収400万円程度で200万円ほどの額を借りられているという方もいらっしゃいますし、年収の半分程度の融資枠をもらえているという方は少なくないようですが、これが他社借入がある状態だとしたらどうなのか、というところですよね。

 

総量規制いっぱいまで借りているという方の属性は良くないですので、保証会社が通さないという可能性もあるにはあるのですが、今までに延滞が無く借り入れ希望額も返済比率をクリアしているというのであれば、審査に通る可能性はあるでしょう。

 

銀行のローン審査を受けるにあたって返済比率は重要なポイントです。

 

しかし、年収が多い方と少ない方とを同じ返済比率で考えるかというとその点は疑問です。

 

返済比率と返済余力

例えば年収300万円の方の場合、総量規制による貸金業者での貸付け上限は100万円となりますが、年収900万円の方の場合には300万円になります。
どちらも同じく年収の3分の1程度の借り入れをしているとして、どちらに生活の余裕があるか?といえば間違いなく年収900万円の方ということになりますよね。

 

年収900万円の方に対してはまだ返済に余力があると判断することができても、年収300万円の方に対してこれ以上の貸付けをすることは年収900万円の方に比べてしまうと返済に余力があるとは言えない、と考えられるわけです。

 

とはいえ、銀行カードローンも1社1社審査基準や融資の積極性などに違いはありますし、なかには口コミで「ダメもとで申込したけど審査に通った」といった声もたくさんあります。

 

審査は受けてみなければわかりません。
ひとまずダメ元でも申し込みをしてみてはいかがでしょうか?

 

もちろんその際は、銀行カードローンのなかでも審査に通りやすいと評判のところを厳選して選ぶようにしましょう。