銀行系カードローンは総量規制対象外?

銀行系カードローンは総量規制対象外?

総量規制対象外のカードローンとして銀行カードローンがよく紹介されています。
しかし、表記の仕方によって「銀行カードローン」であったり「銀行系カードローン」であったりして紛らわしいのですが、実は似ているワードのようで利用者にとって大きな違いがあることがあるため注意が必要なんです。

 

銀行カードローンというと、○○銀行というように銀行の直接融資をしているカードローンのことを指します。これは、どのようなサイトでも同じ表記の仕方でしょう。
しかし、「銀行系カードローン」についてはその指し示す範囲がサイトによってかなり違いがあるようなのです。

 

「銀行系」が指し示す意味としては3通りが挙げられます。

 

  • 「銀行カードローン」そのもののことを指す場合
  • 「銀行カードローン」と「銀行傘下の消費者金融」を含めたものを指す場合
  • 「銀行傘下の消費者金融」だけを指す場合

 

これにより何が違ってくるのか?というと、大きな問題は総量規制の対象になるか?ならないか?ということなのです。

 

総量規制の対象となりますと、個人の借り入れ総額は年収の3分の1までと法律で制限されるようになります。
「銀行カードローン」であれば銀行の融資になりますから総量規制対象外なのは間違いないですが、「銀行系カードローン」がどの意味を指すのか?で総量規制の対象となるかどうかが違ってきます。

 

総量規制の影響を受けるのは貸金業者、つまり消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などの個人向け貸付けです。
「銀行傘下の消費者金融」の場合、銀行傘下ではありますが業態としては消費者金融でありますから、総量規制の対象となります。

 

いくつかのサイトでは、『総量規制対象外の銀行系カードローン』として銀行カードローンと銀行傘下の消費者金融とを混ぜて紹介しているものがあるため、詳しくない方でしたらわからずに利用してしまう可能性もあるでしょう。

 

大手の消費者金融ですと、○○銀行グループというように表記されていますので余計に惑わされる可能性があります。

 

総量規制の対象外銀行カードローンを利用したいのであれば、○○銀行カードローンというような銀行の融資するカードローンを利用するようにして、「銀行系カードローン」というように紹介されているサイトを閲覧する際には以上の点を注意してみるようにするといいでしょう。