銀行カードローン以外で総量規制対象外なのは?

銀行カードローン以外で総量規制対象外なのは?

総量規制対象外のカードローンというと銀行カードローンを思い浮かべる方が多いかと思います。
銀行カードローン以外で総量規制対象外のカードローンには、どのようなものがあるのでしょうか?

 

総量規制は貸金業法で定められている制度になり、貸金業者に対して適用されるルールです。ですから、貸金業者以外の金融機関が行う個人向け融資のカードローンなら総量規制対象外となります。

 

銀行でも大手だけでなくネット銀行や地方銀行のカードローンも総量規制対象外ですし、他には信用金庫、労働金庫、農協などのカードローンも総量規制対象外です。

 

ではなぜ、総量規制対象外のカードローンとしてあまり紹介されていないのか?

 

理由としては、これらのカードローンの融資審査が挙げられます。

 

一般的に、労働金庫などといった金融機関のカードローンというのは融資審査が厳しく結果が出るまで時間がかかる傾向になります。
金利が低くて魅力的なローンではあるのですが、労金は利益を目的とする融資ではないためその分無理に審査を甘くするという必要も無いため、審査が慎重かつ厳しくなるのです

 

「時間がかかるうえ審査も厳しく、最終的に融資を受けられるかどうかもわからない」となってしまいますと、「消費者金融のかわりにどこか借りられるところはないか?」と探している方にとって労金は代わりにはなりませんよね。

 

その点、銀行カードローンは最近では審査に柔軟なところ、融資に積極的なところもでてきていますし融資スピードも即日融資可能なところも増えています。消費者金融よりは時間がかかったとしても、2〜3営業日内で借りられるケースも多くなっています。

 

総量規制対象外で考えるのであれば、やはり銀行カードローンがスペックとしても利便性としても使い勝手がいいといえるでしょう。