総量規制対象外を選ぶべきなのはどんな人?

総量規制対象外を選ぶべきなのはどんな人?

消費者金融と銀行カードローン、どちらも同じカードローンという金融商品を取扱っていても、大きく違う点があります。それは、総量規制の対象になるのか?ならないのか?という点です。

 

総量規制は個人の借り入れ総額は原則年収の3分の1までに制限される、という改正貸金業法で導入された制度になりますが、貸金業法が適用されるのは貸金業者、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社の個人向け貸付けに対してです。

 

銀行が直接融資をする銀行カードローンは同じカードローンであっても、銀行が貸金業者にあたらないため総量規制対象外となります。

 

例えば年収300万円の方ですと、消費者金融の場合には合計で100万円までしか借りることができませんが、銀行カードローンの場合には法的な借入額の制限というものがありません。

 

もちろん、利用者の年収に対して返済可能な範囲での融資にはなりますが、銀行カードローン利用の方ですと年収の2分の1程度の借り入れに成功している方も少なくないのです。

 

スピード重視なら消費者金融

最近では消費者金融もだいぶ低金利になりましたし、なかにはプロミスのように30日間無利息サービスもありますので銀行カードローンよりも利息負担を少なくすることができます。

 

さらに即日融資や最短30分審査などスピード融資を希望するのであればやはり消費者金融です。

 

消費者金融の審査・金利・スピード【大手3社比較】

 

大口融資なら銀行カードローン

まとまった額の借り入れとなりますと借り入れ期間も長期となるケースが多いでしょうし、そうなりますと金利の影響も大きくなります。まとまった額の借り入れ・長期間の借り入れであれば、総量規制に関わらずできるだけ低金利な銀行カードローンを利用した方がいいでしょう。

 

専業主婦なら銀行カードローン

専業主婦の方の場合には総量規制により消費者金融での借り入れが難しくなってしまいました。銀行カードローンでも専業主婦への貸付けをしているところというのはけっして多くはありません。

 

また借りられたとしても限度額は30万円〜50万円程度にはなっていますが、専業主婦の借り入れの場合にも銀行カードローンを選ぶことになります。

 

自分はどちらのカードローンを選んだらいいのか?

 

はじめてカードローンを選ぶという方は悩まれると思いますが、総量規制対象外のカードローンを選ぶべきなのは以上のような方です。

 

ただし、銀行カードローンには他にも安心感があるなどのメリットもありますし、また一方消費者金融にも利便性が高いことや審査が柔軟なところなどのメリットがあります。

 

さまざまあるメリットのなかで自分にとってどれが優先事項なのか?いろいろと検討して決めていくといいでしょう。