総量規制の対象になる場合とならない場合

総量規制の対象になる場合とならない場合

カードローンの人気ランキングなどをみても、どれが総量規制の対象になって、どれが総量規制対象外なのかなどは今イチわからない…という方も多いでしょう。
総量規制の影響を受けずに借りるにはどれを選べばいいのでしょうか?

 

総量規制が影響するのは、貸金業者からの個人向け貸付けになります。

 

貸金業者とは消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などのことですね。
銀行カードローンは銀行が発行・融資するカードローンになりますから、貸金業者にはあたらず総量規制の影響がありません。

 

ですから総量規制対象外というならまず銀行カードローンを選べば間違いないです。

 

初めて利用する方は、どれが消費者金融でどれが銀行カードローンかわからない、という方もいるでしょう。

 

ひとまず、「○○銀行カードローン」となっていれば銀行カードローンなのは間違いないです。
但し、銀行カードローンでも三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックのように、別の名前で出している場合もありますのでそこは注意しましょう。

 

他にも総量規制の影響を受けないものとして、総量規制の除外貸付けと例外貸付けとがあります。

 

消費者金融など貸金業者の個人向け貸付けというのは、そのすべてが総量規制の対象となるわけではなく貸付けの種類によってはその対象とならないものがあるのです。

 

例えば住宅ローンやマイカーローンなどは、年収の3分の1と制限されてしまったらほとんどの方が購入できないですよね?
この除外と例外はそれぞれいくつかあり、それらに含まれない個人向け貸付けが総量規制の対象範囲となるのです。